Event is FINISHED

10/24(土)【オンライン開催】特別企画「人間は人間を幸せにできるのか?〜多様性、包摂、共生、そして自己実現〜」井手英策さん(慶應義塾大学教授・財政社会学者)x繁田雅弘(東京慈恵会医科大学教授)

Description
認知症を含む多様な生が許される社会とは?

「安心して認知症になれるまち」を目指して活動する繁田雅弘が、
慶應義塾大学教授・井手英策氏に、その方策、何がそれを阻んでいるのか?私たちの心に潜む落とし穴とは何か?
聞いていきます。

もとより多様な生があり、それぞれに自己実現していくことが大事なことは論を待ちません。
でも、そうするためには、共通のプラットフォーム、
安心して病気になれる、コロナになれる、認知症になれる、そんな社会である必要があり、そのための制度や仕組みが必要です。

多様性を考えるときこそ、共通性を考えなくてはならない。

そして、人が人を助ける、支援することの意味とは?
人が人を「幸せにしてあげる」のではなく、それぞれが幸せになれる、幸せを感じられることをアシストすること。
それができるためのプラットフォームが必要なのではないかー

人間の幸せ、多様性、包摂や共生の意味、そして自己実現とは?

医療福祉に携わる人だけではなく、この社会に生きる私たちみんなが考える土台となるようなお話です。
みなさんと対話し、深めていきたいとおもっています。


認知症ケア専門士単位取得可能講座(3単位)。


●利用ツール
・Zoom
※お申し込みをいただきました方を対象とし、URLを送信いたします。
※当日定刻になりましたら、送信されたURLで参加してください。
※開場時刻は18:00、講演開始時間の30分前です。Zoomにご不安のある方は早めにご参加ください。
(定刻より講演を開始するため、みなさま10分前にご入室いただけますと大変ありがたく存じます。)

※後日、会全体を編集して、SHIGETAの学校としてメンバー向けに公開する予定です。


●タイムテーブル
18:00ー18:30 開場 Zoomテスト
18:30-19:15 井手英策さん講演
19:15-20:00 井手さんと繁田雅弘の対談(ここで井手さんは退出します)
20:00-20:30 問いかけを受けて考える時間(参加者からの質問、対話)


●今回、皆さまからいただく参加費は、
認知症について考え、活動するSHIGETAハウスプロジェクト(一般社団法人栄樹庵)の運営費とさせていただきます。


●ご質問などは以下までお願いします。
school@shigetahouse.org
tel:0463ー31ー3089


井手英策氏
慶應義塾大学経済学部教授
1972年福岡県生まれ。95年東京大学経済学部卒業。2000年同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。日本銀行金融研究所客員研究生、横浜国立大学大学院国際社会科学研究科助教授、慶應義塾大学経済学部准教授などを経て14年より現職。著書に『いまこそ税と社会保障の話をしよう!』、近著に『欲望の経済を終わらせる』など。

繁田雅弘
東京慈恵会医科大学 精神医学講座 教授
東京慈恵会医科大学附属病院の精神神経科では初診や物忘れ外来(メモリークリニック)を担当。また、後進育成、地域医療への貢献にも積極的に取り組む。東京都認知症対策推進会議など都の認知症関連事業や、専門医やかかりつけ医の認知症診療の講習や研修なども行っている。日本認知症ケア学会理事長。
Updates
  • タイトル は 10/24(土)【オンライン開催】特別企画「人間は人間を幸せにできるのか?〜多様性、包摂、共生、そして自己実現〜」井手英策さん(慶應義塾大学教授・財政社会学者)x繁田雅弘(東京慈恵会医科大学教授) に変更されました。 Orig#787402 2020-10-21 23:23:02
More updates
Sat Oct 24, 2020
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥1,500
Organizer
SHIGETAの学校
485 Followers

[PR] Recommended information